スポンサーリンク

浴室乾燥機を今すぐ捨てよう!コンプレッサー型除湿機のススメ

ガジェット

浴室での洗濯物、どう干してますか?

突然ですが、浴室での洗濯物ってどうやって干してますか?浴室乾燥機?電気?ガス?それとも扇風機?今回は最強の室内干しについてご紹介したいと思います!

浴室乾燥機の電気代

浴室乾燥機の電気代、ちゃんと把握してますか?電気式の浴室乾燥機、消費電力は1700W程度とドライヤーで洗濯物を乾かしてるのとほぼ同義。しかしこの電気式、ガスタイプと比べて圧倒的に排気の温度が低く全然乾かない!という経験をした方も多いはず。私も数々の引っ越しの中、ガスタイプ1軒、電気タイプ2軒で暮らした結果、ガスタイプは大量に干しても3時間程度で乾く。ガス代は30円~40円ぐらい。電気タイプは3時間~6時間と量によって比較的長時間がかかり、なんと電気代は昼間普通に使うと5時間でなんと約200円もかかります。ちなみに、オール電化料金だと関電のはぴeプラン(旧プラン)で約85円、新プランのはぴeRでは約120円となります。

除湿機のパワーとは?

引っ越してあまりに浴室乾燥機のパワーが弱くなった気がしたのと、電気代がはぴeからはぴeRに変更させられた(旧プランは契約できない)ので、夜間の電気代が1.5倍になり悩んでいたのですが、除湿機を購入してそんな悩みは吹き飛びました!ちなみに、除湿機は乾燥に5~7時間程度かかり、200W程度なので最大33円、夜間で約21円です。

実際、乾燥具合はどうなの?と言うところですが、これがすごい。電気タイプの浴室乾燥機は結構入念に時間をかけないと生乾きが多かったのですが、除湿機で衣類乾燥自動モードを使った結果、意図も簡単に、しかも勝手に時間を調整してカラッカラに乾かしてくれます!

デメリットとしては、長時間かかるので風呂が使えないところですが、どのみちオール電化プランでやるなら乾燥は23時~7時の間になりますので、まず風呂に入る必要の無い時間です。ちょっと帰りが遅くなっても2時ぐらいから始めれば十分朝までに乾きます。また、お風呂を使った後なら換気モードで1時間ほど換気扇を回すのがおすすめ。浴室内の水滴などを乾かしてから除湿しましょう。

浴室乾燥機を使っていた際は昼間に乾燥するのが電気代の問題から躊躇していたのですが、除湿機にしてからは比較的遠慮無くかけられるのでこれも助かります。

おすすめの除湿機とは

何を買っていいかわからない…という方も多いかと思います。除湿機はデシカントタイプとコンプレッサータイプがあり、後者の方が高額です。ただ、後者は寒い時期に弱いという弱点があります。高価なものだとハイブリッドタイプという美味しいところ取りをしたものもあります。

ところが、浴室で使用する分にはそこまで低温になりませんのでコンプレッサータイプで十分。そしてポイントは連続排水です。連続排水機能とは、除湿機の後ろにホースを差し込むと、タンク容量を気にせず延々排水できる機能です。夜干していて止まってしまうことがないので非常に大事な機能です。

おすすめはコロナのこの除湿機。

連続排水付き、湿度センサー付きで適湿で自動停止してくれます。洗濯乾燥モード付き、ルーバー自動稼働対応で2万円以下と非常にお買い得。サイズもスリムで洗面所に置いておいても邪魔になりません。

浴室乾燥機は既設の設備なのでできるだけこれで済ましちゃおうと思いがちですが、実はちょっとした投資で思わぬ効果が得られるものです。湿度の高い夏を除湿機で乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました