シンプルなPCスタンドMOFTはThinkPad X1 carbonで使えるのか?

ガジェット

Kickstarterを見ていたら見つけたPCスタンド「MOFT」すごい!いいな!と思ったんで自分のThinkPad X1 carbonで使えるか検証してみました。

MOFTとは?

今Kickstarterでめっちゃ人気らしいPCスタンドMOFT。1枚19ドルと比較的安いのもポイント。

簡単にPCの底に貼り付けられるのが売りなのですが、これってMacbookみたいにツルッとした底面のPCにはいいけど、裏面に通気口のあるPCではどうなんでしょう?

注意書きには

No vents in the center area near the hinge*
*THe area takes 22.4 x 17cm

と書いてありますね。22.4x17cmの大きさが入るツルッとした底面が必要みたいです。というわけで貼り付ける面積をPhotoshopでシミュレーションしてみました。

ThinkPad X1 carbonの横幅が331mm、224x170mmのMOFTを割り算して仮に作り出して配置しました。

えー、どう考えても左上の通気口に干渉してますね……粘着物質が張り付くエリアはもうちょっと狭そうなんでスタンド展開時には干渉しなさそうだし全部塞ぐわけじゃないからイケるんじゃ?という気もします。もうちょっと調べてみました。

MOFT Laptop Stand – How to clean the dirt off the glue pad

えー、粘着物質のエリアはこの動画のようになっています。ヒンジ側が224mmいっぱいになってますので確実に通気口に干渉してますね……

よし、貼り付け位置を目一杯下にずらしてみましょう

これならいけるんじゃ??塞いでるけどなんとかなりそうな雰囲気。膝の上で使うときなんて絶対ここふさがりますし。というわけで突撃してみることにしました。到着したらレビューしますのでしばしお待ち下さい。

追記

公式サイトに上がってる画像をみると、粘着物質のエリアが小さいものもあるみたいですね。

なんか行けそうな気がしてきました。

※2018年モデルのThinkPad X1 carbonは通気口の位置が違うようなので状況が変わってきそうです。

 

実際に購入してみた

というわけで、遅ればせながら実際にMOFTを購入してみました。現在はAmazonで手に入る上に、改良版で吸気用の穴が空いています。

 

 

立てた状態

MOFTを起こして立てた状態にするとこんな感じになって吸気口は100%吸える状態ではなさそうですがなんとなく問題なさそうな範囲です。

閉じた状態

MOFTをたたんで見るとこんな感じ。明らかにこれで使うとヤバそうですが…

一応隙間はあるので完全に吸えないわけじゃなさそう。

なかなか微妙な使いどころですが、毎回絶対立てて使います!という方なら大丈夫そうです。立てた感じは特に不都合無く、いい感じに傾いて使えています。角度がきつい状態と、やや浅い状態が選べるのですが、浅い状態にするにはちょっと一手間かかるのできつい状態で使うことを考えた方が良さそうです。ただ、MOFTをたたんだ状態だと手前側にクリアランスができるのでパームレストに力をかけると若干不安定になりました。基本的には使うときMOFTを展開する前提で考えておいた方が良さそうです。もしくは厚めのスペーサーを手前側に貼るかですね。ちなみに、使ってみた感じかなり立ち上がるので肩こりなどには良さそうです!

 

タイトルとURLをコピーしました