スポンサーリンク

これはブラシなのか?新感覚コミュニケーションスティック「ねこじゃすり」のレビュー

ヤスリの老舗が突然発売した「ねこじゃすり」という謎アイテム、ネットでは入荷まで3~4ヶ月待ちと言われるこの商品ですが、運良く手に入れることができたのでレビューしてみました!

そもそもこれは何なのか?

猫好きの皆さんは猫アイテムを数知れず購入していると思います。ブラッシングが嫌いな猫さんならかなりの量のブラシを買った経験があるんじゃないでしょうか?なにせ我が家も猫ブラシは10近くあったりします(笑)

このねこじゃすり、まずはじめに書くと「ブラシ」ではありません。なので毛は抜けません。ブラシじゃなかったらなんなんだよ!と思われるかもしれませんが、公式サイトにも書かれている通り「新感覚コミュニケーションスティック」です。つまり、ブラシではありません。「これでネコをこすると喜んでくれる棒」というわけです。

抱っこが嫌いなネコもこれでイチコロ!みたいなことが書いてあるんですが、残念なことにうちの猫は抱っこ好きなんですよね…

表面は非常にシンプルで、スッキリしたデザインです。スッキリしすぎてカメラのピントが合いません。

ロゴが入っています。シンプルなデザインですね!

ねこじゃすりのポイントは裏面!

表面がネコの舌を模した形状になっているのがポイントです。

たしかに変わって形状ですね。確実にブラシとしての機能は低い感じがします。(繰り返しますがこれはブラシではありません)

使ってみた感じは?

うちの猫に使ってみたところ、ネコA(ブラシ嫌い):いつも通り怒って噛まれる。ネコB(そこまでブラシは好きじゃない):抱え込んで食べようとする。と謎行動で期待したうっとり!気持ちいい!みたいな反応は得られませんでした。

また、本体がプラスチック製で細かい毛が抜けて絡まず舞うので、非常に鼻がムズムズしますし、静電気が起きてパチパチします。このへんはプラスチックじゃなくてもいいんじゃないかな?とは思いました。毛も多少抜けていきますがブラシとしての機能は期待しないほうがいいでしょう。

3,780円となかなか高価な猫グッズなので買うのに躊躇しますね。わりとキレ気味のうちの猫がうっとり!気持ちいい!ってなればいいなぁと思ったんですが、さすがネコ様。思い通りにはさせてくれません。

と思ったんですが、しばらくおでこをなでてたら盛大にゴロゴロいい始めました。皮膚を刺激するのはいいことですし、しばらく使ってみたいと思います。

※Amazonでは在庫がなく価格が高騰しているようです。

 

タイトルとURLをコピーしました