スポンサーリンク

パスワードマネージャー決定版。1PasswordとLastpassを比較!

ツール系

みなさんパスワードマネージャー、使ってますか?容易にパスワードが流出してしまう昨今、覚えられないぐらいながいパスワード+サイト毎に別のパスワードを使うということが非常に大切になっています。そんな何個もパスワード覚えられるかよ!という方におすすめなのがパスワードマネージャー。その中でも有名な1PasswordとLastPass、両方使ってみたので比較したいと思います!

パスワードマネージャーとは

パスワードマネージャーとは、簡単に言うとパスワードを記憶しててくれてログインボックスに勝手に入力してくれるやつです。一番身近なのはGoogle Chromeに最初っから入ってるやつですね。パスワード記憶します?って出てくるやつです。

パスワードマネージャーのメリットは、もちろん鬼のように長いパスワードを記憶してくれることもあるんですが、フィッシングサイトでの不正なログイン誘導を防止する機能もあるの、ご存じでした?

パスワードマネージャーってドメインを判断して勝手にIDとパスワードを入力してくれるわけです。人間が見た目で判断してIDとパスワードを入れる場合、ドメインが amaz0n.co.jp みたいな偽物だったとしても気づかないで入力しちゃいますよね?機械がドメインを判別してくれる場合、紛らわしい偽ドメインの時はIDとパスワードが入力されないのでフィッシングサイトと気づけるわけです。便利!

1Passwordとは

1Passwordはアメリカ製のパスワードマネージャーです。もともとスタンドアロンのアプリケーションベースだったこともあり、PCにパスワードを保管する形と、クラウドに保存する形の両方を選べます。無料の場合アプリで編集ができなかったりと有料版を使わないと使い物にならないので、年払いすると月額換算$3で使えます。サブスクリプションタイプですね

LastPassとは

LastPassもアメリカ製のパスワードマネージャーです。Chrome拡張で使うのが基本になっています。こちらは無料版でほぼ日常使いは可能なのでお金がかかりません。

クラウドにパスワードを保存して大丈夫なん?

両アプリとも、パスワードはローカル(PC)で暗号化してクラウドへ保存しますのでクラウドに保存しても問題ありません。その暗号化されたファイルを復号できるのはマスタパスワードのみになります。

二つのアプリの違い

使ってみたところ、使い勝手に大きな違いがあります。LastPassは自動入力をしてくれるChrome拡張の出来が悪くて、サブドメインやディレクトリをちゃんと判別できなかったりしてほぼ使い物にならん感じです。

一方1Passwordはその辺ちゃんとできていて、ドメインを判別して複数アカウントあってもちゃんと保存できます。今までと違うパスワードが入力された場合は更新しますか?って聞いてくれます。基本的にUIが非常にわかりやすいのが特徴ですね。

また、1Passwordは日本語化されてないって話もありますが、今はきちんと日本語化されていますのでご安心ください。

ログイン方法に違い

ログイン時、1Passwordはマスタパスワードの他に各端末で1回だけシークレットキーを入れる必要があります。1Passwordの場合、マスタパスワードとシークレットキーの2つが暗号鍵になるので非常に強固になります。

一方LastPassはマスタパスワードのみになりますので、マスタパスワードが脆弱な場合即パスワードリストの脆弱性になるので注意が必要です。ただ、現実的にはよっぽどマスタパスワードが脆弱じゃない限り問題にはならないので使い勝手で考えるとそこまで違いはありません。

どちらのアプリもシークレットキーやマスタパスワードを忘れるとマジでリストが使えなくなるので注意が必要です。

総合的なおすすめってどっち?

本当に簡易なリストとして使うなら無料版のLasPassで十分です。ただ、自動入力と更新の機能がイマイチちゃんと動いてないので、頻繁に自動入力機能を使うのであれば絶対1Passwordの有料版がおすすめです。3年分がソースネクストで安く売ってたりします。

タイトルとURLをコピーしました